大垣のフレンチ&ディナー 有限会社ブランチヒロノヤ

岐阜県大垣のフレンチ。飛騨牛のステーキや懐石をランチやディナーに。
貸切・宴会・各種パーティー承ります。

ウェブマガジン旅色の岐阜グルメ&観光特集に紹介されました

 

素材へのこだわり

 

 飛騨牛

 

飛騨牛がここまでブランド化できたのは、肉質の良い子孫が出来やすい遺伝子を持っていた1頭の雄牛「安福号」の功績が大きいです。安福号は1980年(昭和55年)4月1日に兵庫県美方郡村岡町(現香美町)で生まれた但馬牛で、1981年(昭和56年)6月16日に県有種雄牛として岐阜県が購入し、7月21日に、当時の上松陽助岐阜県知事により「安福号」と名づけられました。

生涯で39,000頭余りの子が出来たといわれていますが、実際に飛騨牛になったのは2割5分~3割です。(産子数には繁殖母牛として使われる雌牛が含まれている事から、この比率はかなり高い確率)

「飛騨牛」とは、岐阜県内で14ヶ月以上肥育された黒毛和種で、日本食肉格付協会が実施する枝肉格付で肉質等級A・Bで5等級、4等級、3等級のものとします。

 

飛騨牛
 
安福号
飛騨牛
 
安福号